« 巣に付きし | トップページ | 手鏡 »

2009年7月29日 (水)

赤子の手

2009.7.27付 朝日歌壇より
置くなよと言わんばかりに赤子の手ぎゅっとつかんだわき腹の肉:(ひたちなか市)沢口なぎさ
 佐佐木幸綱 評:抱いている赤ちゃんの手が、脇腹をつかむように動いたというのだ。ユーモア感覚がうれしい。夏服ならではの感触。お母さんの歌か。

歌を呼んで、しばらくの間「置くなよ」の意味がつかめなかったんです、お恥ずかしいことでした。
「私を布団に置かないでよ、抱っこのままでいてよ、と言わんばかりに」なんですね。
下の歌とあわせてお読みください。生後2か月の赤ちゃんです。

こうのとり娘をつれてくる途中おやつをあげすぎてはいませんか:(ひたちなか市)沢口なぎさ
 高野公彦 評:葉書に「生後2か月」とある。さかんに母乳をほしがる赤ちゃんを、童話仕立てで歌ったのが面白い。

元気でいいなぁ。

短歌じゃなくなるんですけれど

こうのとり こうのとり 
娘をつれてくる途中
おやつをあげすぎてはいませんか

こんなふうにして、声に出して読んでみてくれませんか。

いっぱい いっぱい
おっぱい飲んで
いっぱい いっぱい
すやすや寝て
ぐんぐんそだってくださいね。

« 巣に付きし | トップページ | 手鏡 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巣に付きし | トップページ | 手鏡 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ