« ガングリオン | トップページ | 血の池 »

2009年7月29日 (水)

蜘蛛の囲

2009.7.27付 朝日俳壇より
蜘蛛の囲に身を反らしたる若さかな:(芦屋市)田中節夫

若さの持つしなやかさ、反射神経の鋭さが、うらやましいなぁ。

瞬間的な状況に反射神経で対応できるんだよなぁ。

もうダメ。
あっ蜘蛛の巣だとわかっていても(老眼だから蜘蛛の巣なんて見えない、というほうが適切か)、止まれないで、突っ込んで、顔じゅうに網を貼り付けて、眼鏡にまで蜘蛛の巣プリントして、ぶつぶつ、見えない糸を拭う羽目になる。
そういう年です。情けない。

若いって、すごいことですよ、まったく。

« ガングリオン | トップページ | 血の池 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガングリオン | トップページ | 血の池 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ