« ぼうふら | トップページ | ついておいでよ »

2009年7月 2日 (木)

扇子

2009.6.29付 朝日俳壇より
扇子の手とまり心の動きをり:(小樽市)森井脩策
 長谷川櫂 評:何か考えごとをしているのか扇子が止まった。考えごとに夢中でその人自身もそれに気づいていない。

まったくその通りなんですが。
日常の動作かな。
私は、たまにテレビで見かける将棋の対局が頭にイメージとして浮かびました。
将棋や碁のプロの頭の中ってどうなっているんだろう?対局のすべてが再現出来たり、ず~っと先まで手や様子を読んだり、すごいですよね。
そのときに、扇子をもった手が動いたり止まったり、あれを思い浮かべました。

でも、日常でも、何気なく扇子を使いながらぼんやりしていて、ふと手が止まるときってありますね。
自分自身のことでもいいし、相手の心の動きがを扇子の動きに現れていると読んでもいいし。
動作で心を読む、これって結構大事なコミュニケーションだと思います。

« ぼうふら | トップページ | ついておいでよ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼうふら | トップページ | ついておいでよ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ