« 変 | トップページ | えさねだり鳴く »

2009年7月22日 (水)

カメラ居並ぶ

2009.7.20付 朝日歌壇より
対局が終わり敗者の後ろには勝者をうつすカメラ居並ぶ:(横浜市)おのめぐみ
 馬場あき子 評:羽生善治の逆転劇などが思われるが、そうでなくても勝者のクローズアップの背後には無念の敗者が必ずいる。この光景に対する感慨は人さまざまに深いものがある。

 この場合、あんまり「勝者の背後には敗者がいる」と象徴的に考えなくていいのでは?
 現実には、敗者の背後に人だかり(カメラマンの)という、皮肉の方を読み取りたいと思いました。囲碁将棋以外では、勝負の後にこういう形になることはあまりないのでは?
ですから、面白味が増すのでしょう。
 具体的に読んだ方が面白い。

« 変 | トップページ | えさねだり鳴く »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ