« 好いちょうよ | トップページ | 虹 »

2009年7月 2日 (木)

白木位牌

2009.6.29付 朝日歌壇より
歪まぬよう白木位牌を書く時は鉛筆で線中央に引く:(三原市)岡田独甫
 高野公彦 評:僧侶も人知れぬ苦労がある。

位牌はやはり、手で書かなくてはいけないでしょうから。曲がるのも「味」でしょう、とも思うけど。
でも、ということは、あとで消しゴムでその線を消すんでしょうかね。想像すると、なんとなくおかしみを覚えますね。
職業上の秘密、というやつでしょうね。

とあるお寺で、卒塔婆を書く、毛筆プリンターというのが設置されているのを見つけて笑いました。
名前などを入力すると、独特の字体で卒塔婆を自動的に書いてくれるのです。いいでしょう。
檀家の法事をパソコンで管理する、というのはもう、大分昔からやっていますよね。

私が位牌なんか書いたら、もうミミズが散歩したような字になって、誰も読めなくて、とても有難味が増すと思います。すごいですよ、我ながら。
こんな字で黒板に書きなぐっていたのだから、生徒は優秀だったなあ、読めるんだもんな私の字が。

« 好いちょうよ | トップページ | 虹 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好いちょうよ | トップページ | 虹 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ