« 三巡り | トップページ | 歯科領収書 »

2009年7月22日 (水)

一瞬の涼

2009.7.20付 朝日歌壇より
一瞬の涼被らんと保護帽に水を満たして置く昼休み:(東京都)津和野次郎
 佐佐木幸綱 評:炎天下で仕事する作者。「一瞬の涼被らん」が切実である。

 命がけです。今年もすでに炎天下での作業中の熱中症が発生しています。
 服を二重にして風を強制的に流す服とか、水冷の服とか、開発されたようではありますが、コストが高いのでしょうね。行き渡るというわけにはいきません。
 人の命を大切にする経済活動に向かわなければならないのに・・・。現実は・・・。

« 三巡り | トップページ | 歯科領収書 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三巡り | トップページ | 歯科領収書 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ