« 小さき花は小さきままに | トップページ | 寝息 »

2009年7月 7日 (火)

参観の授業

2009.7.6付 朝日歌壇より
あぐらの子机に伏す子注意されずどんよりすすむ参観の授業:(和泉市)長尾幹也
 佐佐木幸綱 評:緊張感を欠いた授業を参観する父親のいらだち。「どんより」に作者の思いが読める。

学校の現実の一側面です。悲しいけれど。
昔は居眠り、私語などが主でしたでしょ。
今は、授業中のケータイはもうアッタリマエ。授業中に化粧する女子生徒もいます。ヘッドフォンで音楽聴いているとかね。
専任の先生方なら、やはりなんとかしたいと指導するんですが、講師や嘱託教員などはもう、なめられてますからね、はなから相手にしてくれないんですよ。そうなったらもう仕方ない、授業を勝手にやるしかない。授業時間全部がつぶれちゃいますからね。

授業が好きな私でしたが、こういう現実も知っています、経験しました。とても悲しかったです。

« 小さき花は小さきままに | トップページ | 寝息 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さき花は小さきままに | トップページ | 寝息 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ