« 蟻 | トップページ | 蒼朮 »

2009年7月 2日 (木)

山古志

2009.6.29付 朝日俳壇より
山古志で聞くほととぎすことの外:(長岡市)桑原たかよし
 稲畑汀子 評:地震で被災した山古志(長岡市)で時鳥を聞いた。何とか自然の森が戻ってきたと知って嬉しい作者。

さて、自然が戻ってきたのか、山古志を離れていた作者が戻ってきたのか。

避難生活が長引いたが、やっと山古志へ戻れた。やはり山古志できくホトトギスの声は格別だなぁ。やっと戻って来られたんだなぁ。

という気もするのですが。

« 蟻 | トップページ | 蒼朮 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蟻 | トップページ | 蒼朮 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ