« 母呼ぶ声 | トップページ | 一瞬の涼 »

2009年7月22日 (水)

三巡り

2009.7.20付 朝日歌壇より
飛び入りて四角な居間を三巡りし二羽のつばめは糞をして去る:(四万十市)島村宣暢

 これ、四、三、二と、数の遊びが入っているんですね。 では、蛇足。「一件」落着。

 そういうお部屋で暮らしておられますか。いいですね。あこがれます。都会の片隅では常に窓を閉め、音を遮り、悪意の入り込む隙をつくらないことが必要で、ツバメは飛び込んできてくれません。
 「糞をして」というところが生々しいですね。文鳥を飼ったことがあって、楽しかったのですが、所構わず糞をするのがチトやっかいでした。鳥にはトイレのしつけはできませんので。
 飛ぶために、常に体を軽く保つために、いつでも排泄できる、というのが彼らの特徴です。

 余談:妻と一緒に車で細い道をとろとろ走っていたら、カラスが一羽、上・前の方から降下してきて、私の車の上をかすめて、糞をして上空へ。
 「あいつさぁ、飛びながら糞をしたときに真下に落ちるとは絶対思ってないね。放物線を描いて糞が飛び、前方に落ちることを知っているね。爆撃の仕方を熟知してると思うな」
「そりゃカラスだもの、知ってるわよ」
 という会話を交わしたのでした。

« 母呼ぶ声 | トップページ | 一瞬の涼 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母呼ぶ声 | トップページ | 一瞬の涼 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ