« 目も岸に着く | トップページ | 蟻地獄 »

2009年7月30日 (木)

鮎の筋力

2009.7.27付 朝日俳壇より
手の中に鮎の筋力ありにけり:(三木市)酒井霞甫

手の中で暴れる魚の力。慣れてくるとそれを無理なく受け止められるのですが、初心者は、思いきり力を入れて握っていても逃げられたりしてね。
実は、虫好きの私に言わせると、虫捕りも同じ。手の中に虫の筋力ありにけり。なんですよ。
いろいろやってみると、面白い。
魚はね、釣る方の経験は少ないのですが、食べる方はおまかせあれ。細部にわたって食べつくします。活きた伊勢エビがあれば、刺し身を作って差し上げましょう。
基本は「好きこそものの上手なれ」ですね、当たり前だけれど。

魚を切り身でしか知らない子は、生きた魚をつかんだ時に、暴れ、思うようにならないことに驚きます。でも、それが生きているってことなんだし、命をもらって食べる、ということは相手の力を認識することでもあるのです。
店の棚にならんだ「食材」しか知らないということは、悲しいことです。

« 目も岸に着く | トップページ | 蟻地獄 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目も岸に着く | トップページ | 蟻地獄 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ