« 小綬鶏 | トップページ | 子 »

2009年7月14日 (火)

ラッキョウ

2009.7.13付 朝日歌壇より
乳色のラッキョウ瓶に漬けゆけばキッチン故郷の土間の香となる:(広島県府中市)内海恒子

我が家では比較的最近、自家製のラッキョウ漬を作っています。故郷の土間、というのはないんですが。
梅酒をつくるのをやめてしまいました。酒は全然飲む気ないし。
で、梅酒の瓶が空いたままになりました。
なんか作ろう、とラッキョウ漬に挑戦。
酢と砂糖で漬けますが、通常のレシピより砂糖が非常に少ない。で、強烈なラッキョウ漬ができます。おいしい。これになじむと市販のラッキョウ漬なんか「ぼんやり」していて食べられません。
故郷に根っ子のないかたでも簡単に作れますので、是非挑戦してください。
健康神話が好きな方には、ラッキョウ漬を食べると風邪をひかないと、宣伝しておきましょう。(もちろんウソです。信用しないように。)

東京のスーパーでは、7月第1週まで、ラッキョウが出ていましたが、2週からは消えました。つぎのチャンスは来年になりましょう。ぜひどうぞ。

« 小綬鶏 | トップページ | 子 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小綬鶏 | トップページ | 子 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ