« 弱音はかぬ児 | トップページ | 舞台裏 »

2009年7月22日 (水)

雷涼し

2009.7.20付 朝日俳壇より
雷涼し雨は俄かに大粒に:(横浜市)橋本青草

またまた、味もそっけもないことを。
涼しくなるのは雨の最中から後にかけて。ぐんぐん気温が下がります。
雷が聞こえ始め、バシバシと大粒の雨が降り始める時、おそらく最初に感じるのは「におい」。
蒸し暑さが極限に達し、草いきれがたちこめ、生きるものたちの「におい」が籠る中に、「水のにおい」が強烈に立ち上がってくる。
「水のにおい」というものは、理科的にはないんでしょうが、雨の独特のにおいってありますね。思わず深呼吸したくなるにおい。直後には、雨よけに走らなければならない激しい雨。

そんな「におい」のことを、句を読みながら思っていました。

« 弱音はかぬ児 | トップページ | 舞台裏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弱音はかぬ児 | トップページ | 舞台裏 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ