« 四針縫合 | トップページ | 老いゆく団地 »

2009年7月29日 (水)

孤独死

2009.7.27付 朝日歌壇より
水無月の日誌に書きし孤独死の人を悲しむ吾が身も老いて:(八戸市)山村陽一
 高野公彦 評:死は悲しい、まして孤独死は――。そして自分も死へ近づいてゆく寂しさ。

鈍感な人なんですね、私って。死は悲しい、と必ずしも思っていない。非業の死は悲しいけれど、順なる死は祝福されるべきことだと思っています。
孤独死が悲しいとも思っていません。どうせ死ぬのは一人で。誰にも知られず一人静かにこの世から消え去るれるのならば、それはむしろ幸福なことだ、望ましい死に方だ、と考えるものです。
生きてるんですから死にます。
死ぬんですからちゃんと死にたい、それだけです。

« 四針縫合 | トップページ | 老いゆく団地 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四針縫合 | トップページ | 老いゆく団地 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ