« こだわり | トップページ | 歯科医院 »

2009年7月14日 (火)

病院食

2009.7.13付 朝日歌壇より
病院食はうす味うす味ノンオイル肉と野菜は一対五なり:(神戸市)田中きくこ
 高野公彦 評:病院食のつらさがよく分かる。作者は長くリハビリ生活を送っている人。

きっと、私が病院食を食べる羽目になったら、今の食事より味は濃い、脂っこい、と感じるのではないかな。
 30代の終わりから40代の初め。血圧が高めだったので、減塩食にしてしまって、基本的に私の食事に「味付け」はないんです。今は正常な血圧ですけれど、めんどくさい、薄味のまま。積極的に味、噌醤油、塩などを使わないんです。素材から出る味だけ。
 膵臓の炎症というのをやってしまって。豚・牛の肉はもう何年も食べてません。脂がいけないんです。魚油なら大丈夫。ですから、鳥のささみ、魚くらいしか蛋白源はなし。天ぷらフライもやめちゃった。カレーも好きだったんですが、ルーの脂がこたえるのでや~めた。

 なれてくると、素材の味っていいものですよ。つらくもなんともありません。じつにうまい。
野菜と、魚のアラをただひたすら水煮して、鍋風に食べる。最高のスープが楽しめます。

おそらく、病院食より、うす味、脂なしで細々と生きております。

« こだわり | トップページ | 歯科医院 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こだわり | トップページ | 歯科医院 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ