« 燕の巣 | トップページ | 蘇えりたる蝸牛 »

2009年7月15日 (水)

天道虫だまし

2009.7.13付 朝日歌壇より
馬鈴薯の朝の畑に十三匹しばしの命天道虫だまし:(村山市)飯田正義

この歌を読んで、「天道虫だまし」って何だろう?というのが最初の印象でした。
ジャガイモにつくという食性からいったら、ニジュウヤホシテントウではないのかなぁ。
テントウダマシというテントウムシとは違う種類の虫もいますので、どっちかなぁ、と迷いました。
調べてみたら、ニジュウヤホシテントウのことをテントウムシダマシとも言うらしいですね。

確定でしょう。生物的には、ニジュウヤホシテントウ、のことです。
このブログでご紹介したことがありますから実物をご覧になりたかったらどうぞ。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-4a2b.html

下のように、ニジュウヤホシテントウはテントウムシ科です。

甲虫目>テントウムシ科>マダラテントウ亜科>ニジュウヤホシテントウ
甲虫目>テントウダマシ科>オオテントウダマシ亜科>ヨツボシテントウダマシ

テントウムシ科とは別に、テントウダマシ科という科があって、ヨツボシテントウダマシというのがポピュラーです。

紛らわしいのでご注意ください。
(ごめんなさい、虫好きなものですから、気になってしまいました。)

« 燕の巣 | トップページ | 蘇えりたる蝸牛 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燕の巣 | トップページ | 蘇えりたる蝸牛 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ