« 木製の手摺り | トップページ | 半跏像 »

2009年7月 8日 (水)

お母さんの顔が見たい

2009.7.6付 朝日歌壇より
「一度だけ目が開くならお母さんの顔が見たい」とピアノ弾ききて:(岡山市)梶谷基一
 永田和宏 評:盲目のピアニスト辻井伸行氏の言葉を詠んだ投稿が多かった。

あまりこの件について語るべきことを持ちません。

奈良県で、車いすで生活する生徒の入学を拒否した中学校があって、奈良地裁の仮入学を認める決定で、通学が始まったというニュースがありました。
軽度のマヒがあるだけで、言語障害も軽度ですし、体幹を保持する力もおありのようでした。
介助者を一人つけて、おぶって移動すればよいのです。行く先では簡易型の車いすでも多分大丈夫。エレベーターがなければ、ないなりに工夫はできるはずです。

学校は知的教育、情操的教育、体育的教育などの場です。

身体障害者には、体育的教育はかなり難しい側面もあるでしょうが、知的教育、情操的教育に何らの不都合はありません。大人の無理解だけがバリアなんです。
知的障害者には、情操的な教育、芸術的な能力の育成などができます。

「障害者」という言葉でひとくくりにして、「障害者は何もできない」、などと思い込むから、辻井さんの活躍が「障害を超えて」ピアノを弾くという「美談」になってしまうのです。

人は自分にできることをするだけです。
その出来ることの幅を広げ、伸ばすのが教育じゃないですか。

情けないよなぁ。

私はよく言ってきました。

いわゆる障害者というものは、いわゆる健常者がつくり設けた「障壁」につまづいてしまう人のことなんです。
どちらが「障壁=バリア」をつくったのですか?
いわゆる健常者だと思っている方々、あなたがたこそ、障壁の作り手、本当の意味での障害者ではないのですか?

過激な物言いですみません。驚いてください。その驚きから、現実を切り開いてください。
先駆者は過激だ、なんて粋がる年でもないなぁ。

{内緒話:私は「左脚の障害を『超えて』、両手でブログをかいている」のですよ。何と感動的なことでしょう!!}

« 木製の手摺り | トップページ | 半跏像 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木製の手摺り | トップページ | 半跏像 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ