« あぢさゐ | トップページ | 弱音はかぬ児 »

2009年7月22日 (水)

雄滝と雌滝

2009.7.20付 朝日歌壇より
絶壁を並んで落下する滝は雄滝と雌滝虹一つ架け:(熊谷市)内野修

雄滝と雌滝を一つの虹が架け結ぶ。ということはわかるのですが、理科おじさんはどうもいけません。虹の生成の理屈を知っているものだから。

太陽と自分の頭を結ぶ直線に対して40度~42度開いた方向に主虹ができるのです。
雄滝と雌滝がそれぞれに水しぶきをあげていたとしても、一人の人に対しては一つの虹しか生成しません。
まったく、みもふたもないなぁ。
雄滝と雌滝が結ばれる、というロマンは私にはないのですが、そのかわり、虹が生成することの不思議を深く感じます。実は、虹を深く追求すると、単なる幾何光学では済まなくなるのです。その辺も含めて、虹の不思議にロマンを感じます。

« あぢさゐ | トップページ | 弱音はかぬ児 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あぢさゐ | トップページ | 弱音はかぬ児 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ