« 冷奴 | トップページ | クロアゲハの前蛹 Part1 »

2009年7月 8日 (水)

一期一会

2009.7.6付 朝日俳壇より
寝そべって一期一会の夏の猫:(飯塚市)釋 蜩硯

口はばったいことを申しますが。
すべては一期一会なのです。
連続、繰り返し、というのは脳の作りだす幻影ですね。

昨日の自分と今日の自分、同じですか?同じだということにしてあるだけですね。
自分自身でさえ、同じ自分とは二度と出合えません。一期一会です。
昨日と同じものを今日食べても、決してそれは「同じ」ではありえません。
一期一会です。

年年歳歳花相似たり
歳歳年年人同じからず

といいますが、花との出会いもまた一期一会。

ただ、私たちの能力にとって、すべてをそのまま、ありのままに全部始めっから理解しなおすのは無理なんですよ。ですから、連続や繰り返しの概念によって出来事をくくって、認識の省力化を行っているのでしょう。

覚悟してください。
人生の一切合財、全部、すべて、は、一期一会です。
そうとうにしんどい覚悟が要りますよ。

« 冷奴 | トップページ | クロアゲハの前蛹 Part1 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷奴 | トップページ | クロアゲハの前蛹 Part1 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ