« 小鹿 | トップページ | ぼうふら »

2009年7月 2日 (木)

夏の蝶

2009.6.29付 朝日俳壇より
一頭は影でありしか夏の蝶:(彦根市)阿知波裕子

いやもう、庭に出ますと、アゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、シジミチョウなどなど。
姿を見せたり、影を落としたり。楽しい季節です。
地面に黒い影が走って、見上げると、蝶が「こんにちは」といっている、というのは、天気さえよければ毎日のこと。
これが涼しい緑陰だったりすればなおいいんですけれどね。
狭い庭でしょうがないけど、楽しみです。

« 小鹿 | トップページ | ぼうふら »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小鹿 | トップページ | ぼうふら »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ