« オオカマキリ | トップページ | ヨツボシヒョウタンナガカメムシ »

2009年7月28日 (火)

ヤガタアリグモ(か、タイリクアリグモ)

0717yagataarigumo1線路脇のコンクリの柵を歩いていました。

いつものアリグモより飴色だな、と思って撮影。

0717yagataarigumo2 横姿。

「日本のクモ」という本の、最後のページに掲載されている2種。
ヤガタアリグモかタイリクアリグモではないか、と思うのですが、腹部上面の模様がどちらとも微妙に違う気もします。
それともまだ幼体で、模様などが図鑑と違うのかなぁ。

0717yagataarigumo3
この姿、すっかりアリですね。

0717yagataarigumo4
「日本のクモ」によりますと

ヤガタアリグモ:平地に生息。草原、樹林地とその周辺などの草や樹木の葉上、枝や茎の間に見られるが個体数は少ない。タイリクアリグモに極めてよく似ており、外見での区別は難しい。2004年の日本蜘蛛学会第36回大会において、池田博明により日本新記録種として発表された。

タイリクアリグモ:アリグモより茶色が強く、成体での区別はつけやすいが、アリグモも幼体期は茶色であるため、幼体での正確な同定は不可能。平地~山地まで分布するが、個体数は少ない。・・・

困りましたね。私は普通種でいいんです!個体数の少ない希少種にはあまり手を出したくない。普通のクモさんと遊んでいられればいいんです。

以上、この写真からは種の同定は無理でしょう。

« オオカマキリ | トップページ | ヨツボシヒョウタンナガカメムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオカマキリ | トップページ | ヨツボシヒョウタンナガカメムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ