« ときめき | トップページ | 雄滝と雌滝 »

2009年7月22日 (水)

あぢさゐ

2009.7.20付 朝日歌壇より
浄智寺の山門に見るあぢさゐの近勝りとも遠勝りとも:(横浜市)田口二千陸

初めての言葉に出会いました。「近勝り」「遠勝り」。
辞書を引かなくても、意味はわかりました。近くに寄って見るもよし、遠く離れて見るもよし。
(写真的にいえば、ズームレンズを使って、ズームアップしてもいい絵になるし、広角を使って広く収めても美しい風景になる、というところでしょうか。)

辞書も引いてみました。

ちか‐まさり【近優り・近勝り】遠くで見るよりも近くで見る方がまさっていること。源氏物語明石「御志の―するなるべし」 近劣り[広辞苑第五版]

「遠勝り」はありませんでしたが、意味を置き換えればすぐわかります。

そういう言葉があったとは。奥行きが深いものですねぇ。私は浅瀬でじゃぶじゃぶしているだけなんだなぁ。

« ときめき | トップページ | 雄滝と雌滝 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ときめき | トップページ | 雄滝と雌滝 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ