« お母さんの顔が見たい | トップページ | 老い急ぎ »

2009年7月 8日 (水)

半跏像

2009.7.6付 朝日歌壇より
本棚で鈍く光れる半跏像贋物なれど二十年もいる:(奈良市)森秀人
 馬場あき子 評:「贋物」も二十年の愛がこもり、作者にとっての本物になっているにちがいない。

仏教では、人の生き方を説いているのであって、仏像の力で人が救済されるなんて説いてません。ですから、仏像にあまりこだわるのは「変!」です。形あるものはみな滅す。仏像もまた。
でもね、20年傍らにあれば、人の心をうけて「ON」の仏像ですよね。仏像を見ながら、考えることもありましょう。それは、心の鏡として自己を照らしてくれるでしょう。ですから、まったく無意味だなどとはいえません。

批判:それに比べると、善光寺のご本尊はかわいそうですね。誰も見たことがない。私に言わせれば「OFF」の仏像。身代わりの前立本尊さまが「ON」。じゃあ、どっちが心の鏡として働いているのですか?明らかですね。
みられることもない仏像は、存在しないと同然。働くこともできないのです。おかわいそうに。
人々の悩みを受け止めながら、「もの」としては朽ちていく。それが仏像の使命でありましょう。

« お母さんの顔が見たい | トップページ | 老い急ぎ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お母さんの顔が見たい | トップページ | 老い急ぎ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ