« 黒枠の写真 | トップページ | 日食時の那覇の気温 »

2009年7月23日 (木)

夏芝居

2009.7.20付 朝日俳壇より
会釈して消ゆる幽霊夏芝居:(三鷹市)大津留貞人
 大串章 評:夏芝居には怪談物が多い。「幽霊」が「会釈」をして消えた、のが面白い。

芝居の一座がまわってきたのか。そうだとしても、毎年なじみの顔。芝居以外では一緒に飲み食いもある同士。
あるいは、芝居の一座ではなく、地元の有志一同による芝居。そうなればみんな顔なじみ。
というわけで、顔なじみですから、幽霊の役者も目が合えば、つい会釈をしてしまいます。

(芝居小屋 幽霊よりも蚊が怖い)

« 黒枠の写真 | トップページ | 日食時の那覇の気温 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒枠の写真 | トップページ | 日食時の那覇の気温 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ