« ジョウロウグモ(でしょう) | トップページ | じゅうたん? »

2009年7月16日 (木)

マンリョウの花

0710manryo1白山神社で見かけました。

花が咲いています。

0710manryo2 左がつぼみ
その右に咲いている花
右端に花弁が落ちた花

花を拡大してみると
0710manryo3
こういう花です。

まん‐りょう【万両】ヤブコウジ科の常緑小低木。高さ約1メートル。葉は長楕円形で厚く、光沢がある。夏、葉腋に白い小花を下向きにつけ、果実は球形、赤熟して冬から春まで保ち、観賞用。別科のセンリョウに似るが大形。<季語:冬>[広辞苑第五版]

ヤブコウジ科というのがあったのか。実(み)はね、冬の季語でもいいですけれど、 花は今の季節なんですから、季語の使い方には注意が要りますね。束縛がきつい。

ところで、センリョウの花はすでに何度もご紹介していますが
せん‐りょう【千両】
 ①1両の千倍。
 ②金額のきわめて多いこと。価値の非常に高いこと。「えくぼ―」
 ③〔植〕センリョウ科の常緑小低木。関東以南の暖地の林下に生じ、高さ約50センチメートル。茎にふくれた節がある。葉は対生し卵状楕円形。夏、黄緑色の細かい花を短い穂状につける。核果は球形、冬に赤く熟す。実の黄色い品種もある。鉢植や切花とし、多く正月用。クササンゴ。仙蓼。<季語:冬>[広辞苑第五版]

こちらはセンリョウ科なんですね。
P620senryo

これです。

赤い実がなって、似てはいますが、花はまるっきりの別ものです。

« ジョウロウグモ(でしょう) | トップページ | じゅうたん? »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョウロウグモ(でしょう) | トップページ | じゅうたん? »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ