« いとしめば | トップページ | 夏の蝶 »

2009年7月 2日 (木)

小鹿

2009.6.29付 朝日俳壇より
小鹿ゐるまた小鹿ゐる天城かな:(熊谷市)内野修
 金子兜太 評:小鹿の繰り返しで景がひろがる。天城懐かし。

この句はぜひ声を出して読んでください。
あ、小鹿だ、あっまた小鹿だ、という時間と空間の順次の展開が、読むという時間展開と重なって、楽しくなります。なんだかうれしい句です。

好奇心がつよいからなぁ、哺乳類の子は。あれが可愛いんですよね。

« いとしめば | トップページ | 夏の蝶 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いとしめば | トップページ | 夏の蝶 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ