« 分身の術 | トップページ | ムギワラトンボ »

2009年7月 2日 (木)

先輩患者

2009.6.29付 朝日歌壇より
言の葉に含蓄ありて待つ間先輩患者と話すは楽し:(飯田市)草田礼子

よいお仲間ができて良かったですね。そのような方なら心強い。
でもなぁ、病院の待合室での会話など聞いていると、病気の重さ自慢、ひどさ自慢みたいなのもあるしなぁ。
男性だと、やたらと演説ぶつ人もいるしなぁ。

含みを持った佳い言葉には確かに「ことだま」があるように思われますが・・・
トゲが生えた言葉や、ガチガチに凝り固まった言葉は聞きたくないですよね。

よい先輩患者さんに巡り合えてよかったですね。

« 分身の術 | トップページ | ムギワラトンボ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 分身の術 | トップページ | ムギワラトンボ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ