« センリョウ | トップページ | ツユクサ »

2009年7月13日 (月)

スグリゾウムシ

0703sugurizoumusi1スグリゾウムシだと思うんですが。

模様があるはずなんですよ、本来は。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-086f.html
5月にも扱っていますが、その時の写真を見てください、ちゃんと模様があります。

今回のはまるで「泥だらけ」。
0703sugurizoumusi2
関節が面白いですね。
なんだか木の人形、ピノキオの関節、みたい。

ところで、福光村昆虫記に面白い記載がありました。
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/syu_k/koucyu3_.html

 ・・・
成虫はフサスグリやミカンの葉を食べ、幼虫は植物全般の根を食べます。
本土のスグリゾウムシは交尾なしに、単為生殖と呼ばれる生殖方法で、♀だけで増えています。日本では男女群島に♂が生息しているそうです。(保育社原色日本甲虫図鑑Ⅳより)
■男女群島:長崎県から200Km南西にある島
 ・・・

そうなんですかぁ?スグリゾウムシを見かけたら、自信を持って「これはメスです」と言ってよいのですね?
しかし、それじゃあ、遺伝的な多様性、ってぇやつはどこへいっちゃったんでしょう?
困るなあ。みんなクローンなんですかぁ?

変ですね。

« センリョウ | トップページ | ツユクサ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センリョウ | トップページ | ツユクサ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ