« キイロテントウ幼虫 | トップページ | マンリョウ »

2009年7月27日 (月)

キンカン

0717kinkan1キンカンの花の終わったところ。

花は花で美しいのですが、花が終わって、花びらが落ち、オシベも落ちたころ、メシベの付け根の子房がはっきりわかって、花の咲いている最中よりある意味で面白いという事に気づきました。
で、このごろ、花の後、というものに関心を持っています。
上の写真では、花びらやオシベもまだ残っていますが、子房がはっきり見えています。ここがキンカンの実になる部分です。
アブラムシもたかっていますが、しょうがないですね。そういう中で、実るもの実らないものができて、「ちょうどいい」になっていくのでしょう。
0717kinkan2
こちらはもう花の姿はありません。
未熟な青い実、です。
ただ、ここからメシベが伸びていたよ、という跡は残っています。

花は実を実らせるための器官です。そこまでちゃんと見てあげたいと思います。

« キイロテントウ幼虫 | トップページ | マンリョウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キイロテントウ幼虫 | トップページ | マンリョウ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ