« 燕の子 | トップページ | 別れ際 »

2009年6月 3日 (水)

虹仰ぎ

2009.6.1付 朝日俳壇より
虹仰ぎ少年一人旅に飽く:(茨木市)瀬戸順治
 大串章 評:「一人/旅に飽く」ではなく「一人旅/に飽く」と読みたい。そろそろ”二人旅”にあこがれる年頃なのだ。

そうかなぁ。少年という言葉で何歳くらいを意味しているのかが問題なのですが、”二人旅”にあこがれるのは「青年」のような気もしますが。

そうはいっても、少年が旅に飽いた、というのも、すわりが悪い気もします。「旅」というイメージと「少年」がどこかミスマッチ。少年が虹を仰いで「ふっ」とため息でもつきますか。少年とため息というのも、どこか似合わない。

どんな少年なのかな。気にかかります。

« 燕の子 | トップページ | 別れ際 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燕の子 | トップページ | 別れ際 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ