« 備前焼 | トップページ | 梅の実 »

2009年6月17日 (水)

地球照

2009.6.14付 朝日歌壇より
細りつつ朔(さく)にちかづく月のかげ地球照をばまどかにいだく:(大分市)岩永知子

「地球照」を短歌で読むのは初めてです。

ちきゅう‐しょう【地球照】新月の際、地球から反射した太陽光が、月の暗黒面を薄明るく照らすもの。地球の照返し。地球回照光。地光。[広辞苑第五版]

太陽から地球へ、地球から月へ、そして月から地球へ返ってきた光なんです。
月齢27くらいから朔をはさんで3くらいまでが、見ごろでしょうか。月の明るい部分が細く、残りの部分が地球照でぼんやり光って、合わせて丸い月になります。
丸い=円い、ということで「円(まど)か」なんですね。

気づけば必ず見られます。ああ、長く旅をした光を見ている、と観察してください。

付記:皆既月食では、月は地球の陰に完全に入ってしまうのですが、でも、見えなくなってしまうわけではなく、赤銅色に見えます。
これは、地球の大気を回り込んだ光が影の中の月を照らすからです。夕焼けの延長みたいな光で照らすわけですから、赤みがかって見えるわけです。
朔前後の地球照とは、原理が違っていますので、混同しないでください。

« 備前焼 | トップページ | 梅の実 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 備前焼 | トップページ | 梅の実 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ