« タイワントガリキジラミ | トップページ | 「空気抜き」 »

2009年6月 9日 (火)

イヌツゲの花

0526inutuge1小さくて地味な花が咲いています。
イヌツゲの花です。

いぬ‐つげ【犬黄楊】モチノキ科の常緑低木。高さ2~3メートル。葉は小形革質で、互生。雌雄異株。夏、帯白色の小花を開く。実は紫黒色。ツゲに似るが、全くの別種で、材はツゲに劣る。庭木・盆栽とし、細工物に用いる。[広辞苑第五版]

写真で見ると、メシベがあります。オシベもあります。ところが、調べてみたら、雌雄異株なのだそうです。下のサイトで読みました。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/aquifoliaceae/inutsuge/inutsuge2.htm

 イヌツゲの花は5月の終わり頃から6(7)月にかけて咲く。雌雄異株であるので、果実がつくのは雌株だけである。花弁は4枚であり、長さ2mmほどで白色。雄花は葉腋から長さ5~15mmほどの花柄を形成し、枝分かれして2~6個の花を咲かせる。雌花は葉腋から1つの花が咲く。雄花には4本のおしべがあり、雌花には4本の小さなおしべと中心にめしべがある。果実は秋に黒く熟す。普通は葉の陰に隠れて見えにくいが、時としてたくさんの果実がついていることもある。

そうすると、我が家の株は雌株ですね。
0526inutuge2
アリがメシベの付け根のところに口をつけていました。
蜜が出るんでしょうね、やはり。

0527inutuge
ふと気づいたら、ヘン!
花弁が5枚ありますよ!
オシベも5本あるようですよ!

いいのかなぁ。こういうことがあって。花弁の枚数なんて、その花にとって基本的なことじゃないのかなぁ。妙なものを見てしまった。
0531inutuge1
やっぱり、こうですよね。

さて、これが雌花だとすると、どうなるのかな?
我が家にはこの株しかないので、雄花がない。結実しないのでしょうね。

0531inutuge2
花弁が落ちると、こうなっています。
これは実らないのですね?

何だかさびしい気がします。
せっかくだから、実を結ばせてあげたいけれど。
だめなんでしょうね。

« タイワントガリキジラミ | トップページ | 「空気抜き」 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイワントガリキジラミ | トップページ | 「空気抜き」 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ