« 河鹿 | トップページ | 大人声 »

2009年6月25日 (木)

五月の尾

2009.6.22付 朝日俳壇より
追ひかけて我とどかざる五月の尾:(柏市)平沢治南
 金子兜太 評:季節は容赦なく移ってゆく。ことに魅力的な五月は、その尾もつかめないくらいだ。

大胆にも、金子大先生の「評」を添削しちゃおう、っと。

季節は容赦なく移ってゆく。時の尾はつかめない。

いかがでしょう。五月が魅力的かどうかは人によります。
2月は「に」げる、ともいいます。
師走は猛スピードで過ぎていく。

ファウストの「時よ止まれ、汝は美しい」(記憶です、正確ではないかもしれません)という言葉は「いのち」と引き換えの重みで発されます。

五月。個人的には自分の生まれ月ですし、大好きです。
でも、人はついに時の尾はつかみえない。
そして老いるのです。

« 河鹿 | トップページ | 大人声 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河鹿 | トップページ | 大人声 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ