« 指つかむ | トップページ | 頭突き »

2009年6月 3日 (水)

じゃあまたね

2009.6.1付 朝日歌壇より
じゃあまたねの後でだんだん濃くなって言葉の影の吾に寄り添う:(名古屋市)田辺美佐江

 言葉というものは不思議なもので、発した、聞いた、その瞬間になんでもなかったものが、時間とともに、存在感を増していくということがあるものです。
 さらっと互いに発した「じゃあまたね」が、自立的に存在しはじめ、重くなっていく。気になって仕方がない。

 どうなんでしょう、推測しすぎかな、ひょっとして「またね」のない後の時間なのかな。

 

軽く言っただけに、後から重くなってしまって、もっと他に言い様はなかったのか、もっと言葉を尽くすことはできなかったのか、引きずってしまいました。

言霊って、意外とそういうところから実感するものなのかもしれません。

« 指つかむ | トップページ | 頭突き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 指つかむ | トップページ | 頭突き »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ