« 蛙 | トップページ | モリカズ »

2009年6月25日 (木)

膝をかかえる

2009.6.22付 朝日歌壇より
スカートで涙をぬぐう「不採用」心と膝をぎゅっとかかえる:(名古屋市)杉野麻子

悔しいんですね。大人の既成社会の理・不尽さが。
その悔しさを、ぜひ、老いるまで保ち続けてほしいんです。
みんなが「変だ!おかしい!」というようになれば、世の中少しは変わるでしょう。
清濁併せ呑む、なんて「大きな器量」にならないでください。
角が取れるなんて、やめましょ。角ばっていましょうよ。
世の中少しはよくしたいから。
日本に大人の「ロック」ってないでしょ。忌野さんは、貴重な人でした。

ねぇ「まつろわぬもの」って、かっこよくありませんか?
権威にも権力にもまつろわぬ者でありたいと、私は生きてきたんですけれど。

上の歌を読んで、私の世代では、南沙織さんの歌が思い出されます。
「傷つく世代」でしたか

・・・
だめね だめね
私だめね かわいそうに
ひざをかかえたままで 今日も待つのよ
・・・

シンシア。満たされぬ若者の不機嫌、遠いまなざしを歌える人でした。

« 蛙 | トップページ | モリカズ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ