« 体内時計 | トップページ | 桃 »

2009年6月 3日 (水)

放浪記

2009.6.1付 朝日歌壇より
林芙美子を二千回生き華やげど「放浪記」とは寂しき言葉:(ホームレス)公田耕一

朝日歌壇はしばらくの間、公田氏の投歌に「はしゃぎすぎ」ました。
「ホームレス」ということの、タイムリーさが「新聞歌壇」に衝撃的だったからでしょう。
このところ少し落ち着いてきたかな、と思っております。
「ホームレス」というのは、氏の「今のあり方」であって、「歌のあり方」ではありません。
生活は厳しいと存じますが、歌は歌として吟味・評価されるべきでしょう。
これからも、この鋭い視線が何を貫くのか、味あわせてください。

◇昔の大学闘争時代の落書き「最も低く位置する者が、最も遠くを撃つ」

« 体内時計 | トップページ | 桃 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体内時計 | トップページ | 桃 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ