« スズメバチ | トップページ | 水脈波 »

2009年6月11日 (木)

放浪記

2009.6.8付 朝日歌壇より
大笑いややぎこちなき森光子「放浪記」二千回八十九歳:(鳥取市)山本憲二郎
 永田和宏 評:二千回ということで森光子も緊張気味だったのだろうか。かすかなぎこちなさへの注意深い目。

森さんご本人は、まだまだ続けるおつもりですが、年齢が忍び寄っていることも確か。
ひょっとして、その年齢が演技に影響したのではないか、と詠われたのではありませんか?

年を取ればしなやかさは失われるもの。どこかに「やめどき」というものもあるのかもしれません。
(私、演劇には全然趣味がなくて、放浪記もまるっきり知らなくて、ただ推測で申し上げているだけですので、単なる一般論だとお受け取り下さい。)

« スズメバチ | トップページ | 水脈波 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズメバチ | トップページ | 水脈波 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ