« 豆 | トップページ | はいはい »

2009年6月 2日 (火)

教え子

2009.6.1付 朝日歌壇より
「早さ」こそ蕎麦の手練と教え子は指紋の消えた指を差し出す:(塩尻市)百瀬茂

教師として、教え子に教わるということは最高の喜びなんです。
教師という職業は、自分を超えるものを育て上げる、という職業なんです。
教え子が自分を越えて行ってくれなければ、世の中、よくならないじゃないですか。
自分自身は、ついに踏み台であり続ける、これが教師冥利というものです。
偉い先生ばっかりになると、世の中はつまらなくなり、滞ることになるのです。

« 豆 | トップページ | はいはい »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豆 | トップページ | はいはい »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ