« 苗床の土 | トップページ | 倫敦 »

2009年4月 9日 (木)

仔牛から

2009.4.6付 朝日歌壇より
仔牛から生徒等が育てし畜舎より今朝発情の牛の音響(とよ)む:(東根市)庄司天明

生まれたてのよちよちから育て上げたんですね。もう大人になってしまった。
そして、ひょっとすると、この牛の出産に立ち会うことになるかもしれない。
農業高校かなぁ。
(生徒というのは標準的には中高生ですよね。小学校は児童、大学は学生、と使い分ける言葉遣いは、今も生きてますか。)

命と触れ合いながら成長する高校生。
実体を伴わない「情報」ばかり飛び交う社会で、大地に足をつけて生きて欲しいな。

« 苗床の土 | トップページ | 倫敦 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗床の土 | トップページ | 倫敦 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ