« 探梅 | トップページ | プライド »

2009年4月 3日 (金)

入学

2009.3.30付 朝日俳壇より
入学の五人に村を託したり:(久慈市)和城弘志
 金子兜太 評:限界集落と思えるほどの村、村人。

入学児童5人ですか。その5人の生命力をまぶしく感じるのでしょう。
伸びゆく子たち。村をあげての喜びですね。

別件ですが、私は団塊世代ど真ん中。1クラス54人くらいが当たり前。そういうクラスが10をはるかに超えて「ひと学年」。
同窓の方々を全員知ってはいないと思います。その分、人間関係が流動的で、私にとっては気楽でした。今、ひとクラスの人数が少ないと、先生の目は行き届きますが、ずっと同じ人間関係が続くのか、と思うと、ちょっとかわいそうかなぁ、とも思ってしまいます。窮屈じゃないかしらね、と。
希薄な人間関係が好きなのは子どもの頃からなんですね。

« 探梅 | トップページ | プライド »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探梅 | トップページ | プライド »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ