« アカメガシワ | トップページ | ヒキガエル »

2009年4月 9日 (木)

いのちの果て

2009.4.6付 朝日歌壇より
全身をあずけ洗われいる母にいのちの果てのさびしさを見つ:(栃木県)飯塚哲夫

そう遠くなく満61歳になりますが、ここまできて、長寿はめでたい、と単純には言えなくなっている自分を見出します。

戸塚洋二さん、緒方拳さん、・・・。
よい逝き方をなさった。と感じています。

戸塚さんは「A Few More Months」というブログを書きながら逝かれました。
私も、「かかしさんの窓」の次に、「かかしさんの残照」とかいうブログを書きながら逝きたいな。

生に執着するのは「苦」である。しかし、死に執着するのも「苦」である。
無理に長生きしたくもないし、無理に命を刈り取りたくもない。

終わり方って、難しいものですね。

« アカメガシワ | トップページ | ヒキガエル »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカメガシワ | トップページ | ヒキガエル »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ