« 名札 | トップページ | 対岸 »

2009年4月27日 (月)

亀鳴く

2009.4.20付 朝日俳壇より
亀鳴くや言ひ張ることも今は無く:(茅ヶ崎市)川村敏夫
 稲畑汀子 評:亀が鳴くという季題は是か非かを論じた若い日がなつかしい。今は言い張ることも無くなった作者の感慨の句。

全く別の解釈を試みたいのですが。無理があるかなぁ。
4月6日付の朝日俳壇に「亀鳴くや無口でとおす変声期」という句がありました。この句は、崩彦俳歌倉でも取り上げました。
この句と重ねられるのではないか、ということなのです。

作者自身が若い頃に「亀が鳴くか」と論じたのではなく、亀を飼っていた子が思春期にさしかかって、しゃべらなくなってしまった。以前は、何かと言い合い、言い張っていたのに、今は、頑として口を開こうとしなくなってしまった。あれはあれで、にぎやかでよかったのになぁ。

というように、解釈するのは無理ですか?

« 名札 | トップページ | 対岸 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名札 | トップページ | 対岸 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ