« ナミテントウ | トップページ | クロマルハナバチ物語② »

2009年4月 9日 (木)

クロマルハナバチ物語①

0325kuromaruhanabati13月25日。夕方5時ころ。
雨戸を閉めようとしたら、目の前に置いてあるサクランボの鉢に何だか妙なものが見えます。黒っぽいものが、枝にくっついている。何だろ?と近寄ってみたら
クロマルハナバチが「引っかかって」います。とても「とまっている」という状態ではありません。
0325kuromaruhanabati2
あらまぁ、と後ろから見ても、何となく情けない格好でぶら下がっています。

0325kuromaruhanabati3 この日は、日中は暖かかったのですが、急激に気温が下がって寒くなった日です。

暖かいうちに巣に帰ろうと思っていたのに、動けなくなってしまったのですねぇ、かわいそうに。

相当、みっともない姿です。
妻を呼んできて、二人で、あらまぁ、動けなくなっちゃったのねぇ・・・としばらく観察。
ごつい顔してますが、働きバチですからメスでしょう。
ミツバチほど有名じゃありませんが、社会性の昆虫です。

擬人化すると、巣の方では、あいつどっかで「行き倒れ」になっちゃったのかなぁ、帰ってこないなぁ。と言っていたでしょうね。

« ナミテントウ | トップページ | クロマルハナバチ物語② »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナミテントウ | トップページ | クロマルハナバチ物語② »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ