« ルリチュウレンジ | トップページ | ホスピス »

2009年4月 9日 (木)

骨格の重み

2009.4.6付 朝日歌壇より
骨格の重みしかない君のいる病室に春の陽は満ちてきぬ:(鎌倉市)大西久美子

「君」と表現されるのは誰なんだろう?ととても気になります。
痩せてしまったのでしょうね。でも、その骨格の重みがずしりと重い。
春の陽ざしに、生命力を感じながら、どのような経過なのか、知ることもできませんが、お大事に。

« ルリチュウレンジ | トップページ | ホスピス »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルリチュウレンジ | トップページ | ホスピス »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ