« シャボン玉 | トップページ | 蝶は一頭 »

2009年4月16日 (木)

鷹化為鳩

2009.4.12付 朝日俳壇より
鷹鳩に化して玄海まつたひら:(福岡市)伊佐利子
 金子兜太 評:七十二候の一つ。三月中旬あたりの暖気の中では鷹も鳩になる。玄界灘もおだやか。

二十四節気は太陽の運行を、春分を角度0度として360度/24=15度ずつに切ったものですから、季節変化を示す目印として結構よいものだと思っています。ただ、それをさらにそれぞれ3等分して、太陽の動きにして5度ずつに切っても、ほとんど意味はないと思っています。土地柄や、毎年の変動の中にまぎれて細かすぎる。また、その「名」がちょっとなぁ、現代離れしすぎていてついていけません。できれば、「現代72候」でも誰か編んでくれればと思います。

ウィキペディアを調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%80%99

啓蟄の中を「初候」「次候」「末候」と三つに区切って、その末候が

日本の「略本暦」では:菜虫化蝶: 青虫が羽化して紋白蝶になる
中国の「宣明暦」では:鷹化為鳩: 鷹が郭公に姿を変える

こうありました。
啓蟄の末候ですから、春分の直前、3月の中旬あたりですね。
どうなんでしょう、3月中旬の玄界灘、「ひねもすのたりのたりかな」のような平らかな海なのでしょうか。まだ、春一番からそう経ってはいない、荒々しい海だということはないのでしょうか?

俳句の世界ではおだやかな海が詠まれていますが、まだまだ寒い風も吹き、春の陽光というにはちょっと・・・という気分もしますが、いかがでしょうか。

« シャボン玉 | トップページ | 蝶は一頭 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャボン玉 | トップページ | 蝶は一頭 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ