« 美しく | トップページ | 騙し討ち »

2009年4月 3日 (金)

つくしんぼ

2009.330付 朝日俳壇より
つくしんぼ総立ち朱鷺の舞ひ降りぬ:(長野市)縣展子
 大串章 評:佐渡で飼育された朱鷺が、近隣の各地へ飛んでゆく。土筆が「総立ち」になった、といったところに朱鷺を迎えた喜びが出ている。

わぁ~い、トキさんがやってきたぁ、うれしいなぁ。と、みんな立ち上がって拍手している。そういうイメージを抱きました。

◆遺伝的な多様性が少なくなってしまった「トキ」。
個体数がうまく増えても、タフに生態系を生き抜くことができるか、不安を感じます。

◆世界中のチーターは、遠い近いはあってもみんな「親戚」です。おそらく、過去に、個体数が100の桁まで落ちたことがあって、そこから数を回復して現在に至るのです。そのために遺伝的な多様性が少なくなってしまったのですね。
遺伝子病などが増えます。病気などへの耐性が下がります。
この先も、チーターにとっては厳しい時が続きます。

« 美しく | トップページ | 騙し討ち »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しく | トップページ | 騙し討ち »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ