« カエデの花① | トップページ | アシナガバチ »

2009年4月20日 (月)

カエデの花②

0411kaede14月11日。
メシベの伸びた雌花です。
左上はもう枯れた雄花でしょう。
この時間差が気になりますね。
ところで、メシベの付け根のあたりに注目!
0411kaede2
子房が羽状に両側へ広がっているのがわかります。
これですよね、カエデといえば。

この雌花と思った花をよくよく観察するに、オシベもありますねぇ。
これは雌花ではなくて、両性花というのでしょう。

「写真で見る植物用語」という本では、イロハモミジには雄花と両性花がつくという写真があります。
「花から種へ」という本ではオオモミジでは、雌雄異花とあります。

いろいろあるんだなぁ。

0415kaede1 花が終わり、翼をもった子房がむき出しになりました。

翼は2枚見えますが、1枚に1個の種子のはずです。
十分に熟して、乾燥すると、風に乗ってずいぶん遠くまで飛びます。種子のあたりに重心があって、片羽なんですが、ヘリコプターのようにくるくると回りながら飛びます。
これが楽しい。力学的にも面白い。紙とおもりで、カエデのヘリコプターをつくるという理科遊びもあります。
0415kaede2
上が両性花、下が雄花でしょうか。

うまく授粉していて、実がなることを期待しています。

« カエデの花① | トップページ | アシナガバチ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カエデの花① | トップページ | アシナガバチ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ