« 骨格の重み | トップページ | 苗床の土 »

2009年4月 9日 (木)

ホスピス

2009.4.6付 朝日歌壇より
ホスピスに夫を託してたどりつく家の広さよこころ寒さよ:(東京都)武部淑子
{馬場あき子、高野公彦 選}

長く連れ添った配偶者の不在。家に帰りついたら人気もなく、がらんとして、寒々と広い。
旅行に出かけての不在とはまったく質の異なる不在。
長き不在に耐えることになるのかもしれません。頼りなさ、寂しさ。

言葉はこれ以上出ません。ため息が出るのみです。

« 骨格の重み | トップページ | 苗床の土 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨格の重み | トップページ | 苗床の土 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ