« 鷹化為鳩 | トップページ | どじょう »

2009年4月16日 (木)

蝶は一頭

2009.4.12付 朝日俳壇より
蝶は一頭兎は一羽万愚節:(習志野市)早川高士

あの~、私も結構虫好きですが、蝶を一頭、二頭・・・と数えるのには少々抵抗感があります。これ、マニアの隠語みたいなものだと私は理解しています。なんだか、数え方の本みたいなのに載ったらしくて、「頭」が普及してきたようでもありますが・・・。

南方の大きな蝶を「頭」で数えるのはいいかもしれませんが、それに値するほど大きな蝶は日本にはいないですねぇ。

狭いマニアの世界の隠語をひけらかして使うことを、私はあまりいいことだとは思っていないので、私自身、蝶を数える時は、「匹」を使っています。

飛ぶ蝶が「頭」で、飛びもしない兎が「羽」だというおかしさを詠んだ句なので、それを楽しめばよいことです。
無作法で申し訳ありません。

« 鷹化為鳩 | トップページ | どじょう »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鷹化為鳩 | トップページ | どじょう »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ