« スニーカー | トップページ | 探梅 »

2009年4月 3日 (金)

啓蟄

2009.3.30付 朝日俳壇より
啓蟄の何やらにはや螫(さ)されけり:(熊本市)山澄陽子
 稲畑汀子 評:啓蟄の日に地上に出てきた虫に螫された作者。虫たちの動きを通して人の世の春と虫の接点が描けた。

何に刺されたのでしょうか。蚊はさすがにまだです。(屋内で「チカイエカ」というのが活動することはありますが。)
蜂もまだでしょう。
何かの虫が衣服の中に紛れ込んで、苦し紛れにかみついた、ということはありそうですね。
お気をつけて。


« スニーカー | トップページ | 探梅 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スニーカー | トップページ | 探梅 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ