« 酸素ボンベ | トップページ | 雨が降る »

2009年4月15日 (水)

黄泉

2009.4.12付 朝日歌壇・俳壇より
電源の届かぬ黄泉へ行ったままなにしてんだか夫は戻らず:(筑紫野市)岩石敏子
 永田和宏 評:「なにしてんだか」が切なく哀しい響きをもって伝わる。

朝日新聞の投稿欄「ひととき」に下のような分が載りました。上の歌と合わせてお読みください。

[ひととき]あっぱれな旅立ち(2009年3月25日付朝日新聞東京本社朝刊から)
 「急いで、急いで」。母の面倒をみていた妹から深夜、電話があった。関越道を突っ走って、母の枕元に着いたのは午前2時をとうに過ぎていた。
 母はもう短く息をするのが精いっぱい。「お母さん、今着いたよ。わかる?」。そんな問いかけに母は弱々しく手を握りかえしてくれた。何かの合図かもしれない。そう思いながら、冷たい足をさすり、寝返りをうたせた。
 しかし、吐く息は弱く、力無くやっと息をする状態になり、右ほおを下に静かに目を閉じてしまった。103年の幕を閉じた。静かで穏やかな顔だった。
 最後の握手に何かの意味があるに違いない。そう思って、母の日記を開いてみた。すると、一枚の紙が出てきた。「旅立つあいさつ」とおぼつかない字ではあるが、勢いよく書かれている。生前にお世話になった方々へのお礼文だった。
 「今回、私は、あの世に行くことになりました。長いこと、この世でお世話になり、ありがとうございました。ひとり旅ですが、心配ないと思います。あの世で長いこと、私を待っている大事な人に電報を打ってあります。待ちかねて迎えに出ていることでしょう。喜びも半分、不慣れで心細さもありますが、待つ人に会える楽しみもあります。この世の皆様へ」
 お母さん、あっぱれよ。
 (東京都 ○○ 主婦 78歳)

梅が香にブルルと世事の受信かな:(東大和市)板坂壽一
 金子兜太 評:世事、梅が香にも及ぶ。

こんなところで、妙なことを書いたら叱られそうですが、この世ならざる花と香りの世界に遊んでいるときに、伝えたいことがあるよ、と受信するとしたら、ひょっとして、世事ではなく、あの世にお住まいの方からの連絡ではありませんでしたか?
梅でなく、桜の方が「非日常的」な雰囲気で、あの世からのメールが受信できそうな気もします。

« 酸素ボンベ | トップページ | 雨が降る »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酸素ボンベ | トップページ | 雨が降る »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ